siawaseyaのblog

毎日の仕事を楽しく便利屋の日々をお届け~ 不用品処分、粗大ゴミ処分、突然の遺品整理、引越しなど あらゆる分野の活躍をお届けしたいな~ http://siawaseya7.jp

毎日の仕事を楽しく便利屋の日々をお届け~
不用品処分、粗大ゴミ処分、突然の遺品整理、引越しなど
あらゆる分野の活躍をお届けしたいな~
http://siawaseya7.jp

引越をご依頼の時は運送業の許可を取ってない 業者は絶対使わないでください。

引越をご依頼の時は運送業の許可を取ってない
業者は絶対使わないでください。(配送・運搬も含めて)

引越し業者(運送業者)とは、
国土交通省から許可をもらって登録されている、

有償で貨物輸送を行なう事業者のことを指します。
つまり、許可なく勝手に開業できないのです。

もしも何か問題や事故があったときに、
何の保証もしてもらえない可能性あります。

たとえ許可を取っている業者でも、
事故対応ではもめることは多いと聞きます。

それが無許可となれば、
嫌な思いだけでは済まないでしょう。

もちろん、きちんと許可を取って営業いたして
おります便利屋さんも沢山ございますが、

通常の便利屋さんは運送業者
ではないので引越しはできません。

自社の車などで引越や貨物を輸送し、
料金を収受することは違法行為にあたります。

引越繁忙期や年末になると
必ずこういったモグリの引越業者が現れます。

こういった業者を利用した場合、
業者だけでなく依頼した側も法律により処罰されます。

また、一般貨物自動車運送業者へ
運送を手配・仲介する事業者は、

『貨物利用運送事業者』
という許可をもらって営業しています。

許可番号はありますが、
車両は必要ありません。

利用者と契約し、運送責任を負いながら、
ほかの運送業者に運送を委託する事業者です。

運送業許可や貨物利用運送事業者がないと、
荷物の運搬はできません。

くれぐれもお気をつけてください!!

というよりも、きちんと許可を

取って堂々と営業いたしましょう!!


久しぶりの外食です。美味しかったです。

久しぶりにお食事に出たのですが、

facebookには写真を投稿したのですが、

食べるのに忙しくてコメントもいれなかったので

再度ブログで紹介いたします。


しかも河豚の刺身(テッサ)美味しくて

写真を撮るのを忘れる始末  残念!!!

割烹銀波の河豚コースどれも美味しくいただきました。

13413580_1099491193441684_6178068544691944905_n13417512_1099491190108351_5611257263596262817_n13428036_1099491216775015_5967734155839621036_n13450134_1099491223441681_7073094910924357680_n当社は運送業であると同時に
不用品回収業者でもあります。

くれぐれも許可のない業者には
依頼しないようにお気をつけください。

環境省のホームページです。
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html

Q3.ちらしやホームページを見ると、ある回収業者は
 「産業廃棄物処理業の許可」と「古物商の許可」を持っているようです。
  この業者になら、廃棄物の処分を依頼しても問題ないですか?

A3.気をつけて!ご家庭の廃棄物を回収できるのは、
  「一般廃棄物処理業の許可」を持つ業者です。
  このようなチラシやインターネット広告の宣伝文句にだまされてはいけません。

●ご家庭の廃棄物を回収するには、市区町村の
「一般廃棄物処理業許可」や委託が必要です。
「産業廃棄物処理業の許可」や「古物商の許可」では回収できません。

●産業廃棄物処理業許可は、工場や企業の廃棄物を処理するための許可です。
 古物商の許可は、中古品等の売買を行うための許可です。
環境省のホームページです。

http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html

不用品回収、引越、遺品整理や、特殊清掃など、
除菌、消臭、お祓い供養などお困りの事ございましたら、
なんでもご相談ください。

遺品整理士・事件現場特殊清掃士
便利屋しあわせや


一廃と産廃

便利屋をやっているとよく
何の許可が必要ですか?と聞かれます。

便利屋には許可は必要ありませんが、
例えば家庭のゴミや不用品回収するには
許可が必要ですよといつも答えます。

環境省のホームページです。
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html

Q3.ちらしやホームページを見ると、ある回収業者は
  「産業廃棄物処理業の許可」と「古物商の許可」を持っているようです。
  この業者になら、廃棄物の処分を依頼しても問題ないですか?

A3.気をつけて!ご家庭の廃棄物を回収できるのは、
  「一般廃棄物処理業の許可」を持つ業者です。
このようなチラシやインターネット広告の宣伝文句にだまされてはいけません。

●ご家庭の廃棄物を回収するには、
市区町村の「一般廃棄物処理業許可」や委託が必要です。
「産業廃棄物処理業の許可」や「古物商の許可」では回収できません。

●産業廃棄物処理業許可は、工場や企業の廃棄物を処理するための許可です。
古物商の許可は、中古品等の売買を行うための許可です。

環境省のホームページです。
http://www.env.go.jp/recycle/kaden/tv-recycle/qa.html
プロフィール

siawaseya

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ